本文へスキップ

    一般社団法人 日本海員掖済会

〒801-8550
福岡県北九州市門司区清滝1丁目3番1号
TEL(093)321-0984 FAX(093)331-7085

麻酔科

麻酔科のご紹介 

特色

  • 手術麻酔
     掖済会病院では年間約800例の手術が行われています。麻酔科常勤医のもと、術前、術中、術後にかけて、安全、安心、痛みのない手術が行われるように、スタッフ全員で心を一つにして日々取り組んでおります。
     術中は硬膜外麻酔、脊椎麻酔、腕神経叢ブロック、大腿神経ブロック、3 in 1ブロック、腹直筋鞘ブロックなどの局所麻酔法を全身麻酔に積極的に併用することにより、患者が意識を回復した後も痛みの少ない快適な手術後を過ごすことが可能となります。
     全身麻酔の9割以上の症例に対し、従来の吸入麻酔よりも覚醒の質が高く、術後の悪心・嘔吐や臓器障害、また手術室環境汚染が少ない完全静脈麻酔で行っております。
     術後管理は集中治療室で、硬膜外腔や静脈内への鎮痛薬の持続投与を行い術後鎮痛に積極的に取り組んでいます。
     また、緊急時に手術室スタッフ全員がスムーズに対応できるよう、術中の地震時緊急避難訓練、術中大量出血、アナフィラキシーショックなど、緊急時シミュレーションを定期的に行っております。

  • ペインクリニック
     ペインクリニックは「痛みを専門に治療する科」です。ペインクリニックの治療には、「神経ブロック療法」を利用することが最大の特徴です。痛みを感じる状態が長く続くことで体内に発痛物質ができ、それによりさらに痛みが増強されるという「痛みの悪循環」が起こります。このため痛みがどんどん増強され慢性化します。この痛みの悪循環を主に神経ブロック等により断ち切り、痛みのない状態をつくり、人が本来持っている回復力を引き出します。
  • 対象疾患
    末梢神経障害痛 脊柱管狭窄症 複合性局所痛症候群
    帯状疱疹 突発性難聴 腋窩多汗症
    帯状疱疹後神経痛 四肢血行障害 末梢性顔面神経麻痺
     頭痛、三叉神経痛  開胸術後痛  眼瞼痙攣
     肩こり・頸椎症  化学療法に伴う痛み  痙性斜頚
     腰痛、下肢痛  がん性痛  

  • 星状神経節ブロック
     首のところに星型の交感神経(自律神経であり、人間が興奮した時に活発になる)の塊があります。この神経をブロックすることにより、顔面や上肢の血流が増加し、その部位の痛みを和らげます。
  • トリガーポイントブロック
     肩こりや腰痛など、主に痛みを発する部分にみられる圧痛点に、局所麻酔薬を投与し、痛みを緩和し、血流改善と筋肉の緊張を和らげ、体内に痛みを作り出す物質を洗い流します。

  • 硬膜外ブロック
     痛みを発している脊髄神経の周りに薬を投与することにより、体内に痛みをつくりだす物質を洗い流し、神経の腫れを引きます。首、上肢、腰、下肢の痛みに効果があります。
     他に、三叉神経ブロック、後頭神経ブロック、肩甲上神経ブロック、浅頚神経ブロック、後枝内側枝ブロック、神経根ブロック、椎間関節ブロックなどを行っています。また必要に応じた入院ベッドも用意しています。

    「エコー(超音波診断装置)」
     ブロックをより安全・確実にするため、超音波診断装置を用いてエコーガイド下に神経を直接確認して、ブロックを行っています。


  • ボトックス注射治療
     ボトックス注射とは、ボトックスが、筋肉を支配する神経に取り込まれて、その神経をマヒさせます。その結果、注射された筋肉を弛緩させることが出来ます。過剰な緊張によって固くなってしまった筋肉を弛緩させることにより、関節を動かしやすくします。
     脇窩多汗症、眼瞼痙攣、片側顔面痙攣、痙性斜頚、脳卒中後遺症の手足の筋肉のつっぱりやこわばりに対して、ボトックス注射が適応となります。
     薬効の持続期間は2〜3日後より徐々に効果が出、3〜4ヶ月持続します。効果を継続したい場合は反復した注射が必要となります。このお薬はごくまれに抗体が作られて効果が減弱する可能性があります。
  • 薬物療法
     侵害受容性痛、末梢神経障害痛、心因性痛などそれぞれ個人や症状にあった鎮痛薬を処方します。また症状に応じて鎮痛補助薬と呼ばれる種々の薬で痛みを和らげます。漢方薬、外用剤(シップ、塗り薬)も使用します。
  • キセノンレーザー治療
     生体に有害な紫外線領域を特殊なフィルターを用いて除外したキセノン光を用います。
     より深いところの血管を広げ血液の流れをよくすることで、神経ブロックなどの治療効果を良くし、リラックスすることができます。



専門医

  • 日本麻酔科学会 認定麻酔指導医・専門医

認定施設

  • 日本麻酔科学会 麻酔科認定病院


心優しい、きめ細やかな医療を行います