本文へスキップ

    一般社団法人 日本海員掖済会

〒801-8550
福岡県北九州市門司区清滝1丁目3番1号
TEL(093)321-0984 FAX(093)331-7085

栄養科

栄養科のご紹介

1.スタッフ
  職員      :管理栄養士 2名
  給食業務委託業者:管理栄養士 1名
           栄養士   2名
           調理師   2名
           調理員  10名

2.主な業務
  1)給食業務
  2)入院患者様の栄養管理
  3)栄養指導および栄養相談
  4)特定健診後の保健指導
  5)患者会活動
                            

主な業務内容のご紹介

1)給食業務
  • 入院患者様および外来透析患者様の食事を提供しています。病院食は治療食であることはもちろん、安心して召し上がっていただけるように衛生管理を徹底して調理しています。
  • 経口摂取可能な方には少しでも口から食べていただけるように、次のような内容で調整した食事を提供しています。
    @喫食率をあげるため「選択メニュー」
    *1を取り入れています。
    A咀嚼力の落ちた方でも食べやすいように「ソフト食」
    *2を提供しています。
    B嚥下機能の低下した方が安全に飲み込む訓練となるように「嚥下(訓練)食」
    *3を提供しています。
    Cベッドに横になったまま食事をするときに食べやすい食事「楽々床上食」
    *4を提供しています。
    D吐き気や食欲不振のある方向けの食事「あっさりメニュー」
    *5を提供しています。

    【*1〜*5説明】

    *1「選択メニュー」
     嗜好調査に基づいて「選択メニュー」を準備しています。

    *2「ソフト食」
     義歯の不具合や脳血管障害などで咀嚼力が低下し、むせやすくなっている患者様向けの食形態です。適度な軟らかさがあって、まとまりのある食形態に調整しています。口腔や咽頭の状態が悪い方には刺激が少なく飲み込みやすい「ミキサー食」が適していますが、回復した時期には食物の形がある「ソフト食」のほうが食欲を損なわず食べやすくなっています。


    *3「嚥下(訓練)食」
     嚥下障害のある方の誤嚥予防と、摂食訓練を目的とした食事です。当院では嚥下A食から嚥下D食の4段階を設けています。

    *4「楽々床上食」
     入院中には、腎生検を受けた時や骨折などで寝たまま食事しなくてはならないことがあります。そのような時でも自分自身で食事を食べられるように汁物などは汁の無い他の料理やストローで飲めるパック入りのものに変更し、肉や魚は予め一口大に切って差し上げるようにしています。
     当院ではこの食事に「楽にベッドの上(床上)で食べられる食事」という意味で「楽楽床上食(らくらくベッドしょく)」と名づけました。

    *5緩和ケアの食事
     化学療法を受けているときの副作用や病状により「吐き気」が出て食事が摂れなくなることがあります。特に食べ物の「におい」や「甘味」が吐き気の原因になることがあります。患者様の要望を伺いながら吐き気の出にくい食事を「あっさりメニュー」「特別メニュー」「常温メニュー」と名付けて提供しています。他にも栄養補給のための「おやつの選択」など細かい食事内容を患者様と相談しながら調整しています。


2)入院患者様の栄養管理
  • 入院患者様の栄養管理を適切に円滑に行うために「NST(栄養サポートチーム」を設置しています。医師、看護師、薬剤師、管理栄養士など関連職種が共同して栄養管理にあたれるように組織の体制を整え、業務内容を検討するチームです。
  • 医師については、主治医以外に栄養サポートチームの医師が栄養管理についての助言を行い、口腔内に問題がある場合などは歯科・口腔外科の歯科医が、食物の飲み込みが悪い場合はどは耳鼻咽喉科の医師が加わって栄養管理にあたります。


3)栄養指導および栄養相談

@栄養指導(予約制)
  • 医師の指示のもと、食事療法が必要な疾患の方とそのご家族や調理を担当されている方に個別に食生活の改善ポイントなど具体的なお話をします。
  • 入院では特に、疾患別に教育入院を行っています。集団で受ける講義の他に、個別に食生活の問題点についてお話しながら改善策をみつけていきます。
    糖尿病教育入院
    CKD(慢性腎臓病)教育入院
  • 外来では「糖尿病透析予防指導」を開始しました。医師、看護師、管理栄養士の療養指導を受けていただき、糖尿病の自己管理の方法を見直し、合併症の進展防止を徹底していただきます。
  • 食事療養の理解を深め、実践していただけるように外来で「食事会」を開催しています。なお参加ご希望の方は、別に個人栄養指導を受けていただきます。

      【食事会:バイキング形式】  【およそ700kcal】
       


A栄養相談(栄養指導の対象疾患以外の栄養に関するご相談。無料)
(予約制)
  • 食事中に「ムセ」が見られるなど嚥下機能の低下が見られる方の食事形態や栄養補給の方法
  • 消化器疾患の手術前に一時帰宅されるときの食事のポイントなど
  • 食欲不振のある方の栄養補給の方法
  • 味覚異常のある方や口腔内に炎症のある方の食事アドバイス

◆栄養指導・栄養相談の予約について
 ※他院受診中の方がお申し込みの場合
  医療連携室(直通(093)321-1031)にご連絡ください。
 月〜金曜 8:30〜17:00、土曜 8:30〜12:30
 ※予約当日は、「総合受付」(新館1階)へお越しください。



4)特定健診後の 保健指導
管理栄養士による特定健診後の保健指導を行っております(予約制)。

5)患者会活動
糖尿病友の会「レトロの会」の活動




心優しい、きめ細やかな医療を行います